無限道場について

真

 

無限道場で求めるのは”真の強さ”。

護身武術と聞けば、相手を”敵”と想定して襲われた時にどう対処するか?という稽古を想像される方も多いと思います。当然我々もいざという時には使えるように身体を練磨し技を磨いていますが、目的は技の修得そのものではありません。

真の護身とは危険を寄せ付けない強さ

であるように思います。もちろんこれは理想ですが、「類は友を呼ぶ」ということわざの通り、危険という現象に遭わない(引き寄せない)程、自分自身の氣を高め、整えてしまえば良い。という発想です。

ですからもちろん稽古相手は大切に扱いますし、日頃から「実戦で使うことなんか意識するな」と言っています。何より思考は招きますのでね。

真の目的は心と氣と体、この三位一体を活性化させ、人生を強く生き抜くための”真の強さ”を求めるということです。

 

体は氣を表す

体は氣を表す

”名は体を表す”ということわざがありますが、人の在り方(姿勢)は正に氣の在り方を表しているといえます。弛んだ姿勢は弛んだ氣を表し、ハリのあるビシッとした姿勢は活き活きとした勢いを表す。無限道場ではそう捉えています。

無限道場では活きた氣が働くように身体を鍛えます。氣の働きがよくわからないという初心者の段階から形を整えるのです。姿勢の悪い人が正しい姿勢、勢いのある姿勢を保つことは容易ではありません。日々意識することの積み重ねで活きた身体は出来上がっていくのです。

 

あなたは”本物の自分”で生きていますか?

”真の強さ”とは他人との優劣で決まるものではなく、人の強さとは嘘偽りのない”本物の自分”で生きてこそ発揮されると考えます。

無限道場は大人のための道場。強さや優劣を競うのではなく、自分らしさを発揮させるために切磋琢磨する。そんな道場でありたいと思っています。

 

あそんでまなぶあいき

心の働きが鈍くなってしまった大人たちへ!!

ガチガチの頭でっかち、大人の常識に縛られた頑なな心では「氣」の特性を十分に理解することができません。子供のような柔軟さ、自由な発想が必要なのです。

第三回合宿の模様 | 大東流合気柔術無限道場

年に数回行われるイベント課外稽古や合宿は、道場や職場を離れ、童心に返ること、素の自分を引き出すことを目的としたもの。もちろん道着は必要ありません。

無限道場 第4回合宿 集合

思いっきり”遊ぶ”ことが目的なのです。

 

狭き門より入れ。滅びに至る門は大きく、その道は広い。

巷には「誰にでも簡単に短期間で〇〇出来る!!」という類のものが溢れてように見えます。ですが簡単に手に入れられる分、人から何かの感覚や能力が奪われているようにも思いませんか?

正直合氣の道、氣を理解するにはそれ相応の時間と労力を要します。ですが、そこで得た経験は確実に身の護りとなり、何物にも代えがたい感覚と自信をあなたにもたらすことでしょう。時代が移り変わっても、物事の本質は変わらないと私は思います。

道場長 竹内 研二

 

youtube
twitter
fb