合氣柔術 稽古風景 無限道場 - Aikijujutsu -

無限道場の合氣柔術は

目に見えないチカラの働きを大切にし、心と身体を護ることを目的とした合氣護身武術です。私が学んできた大東流合気柔術(合気系)の稽古体系を基にしていますが、先人達の思想や宗教観といった根底に流れるエネルギーから離れ、独自に氣の可能性を研鑽しています。求めるのは”愛のある強さ”であり、護身武術の稽古を通して心身の活性化と健全な氣を養うことを目的としています。

※戦うことや競うことを目的としておりませんので、武芸の神様等は祀っておらず、正面に対する礼なども行っておりません。

護身に対する考え方

【類は友を呼ぶ】暴力や危険と同じ目線、同じ波動の上に立たないよう、自らを高めることを理想としています。そもそも暴力とは波動が荒々しく粗雑であり低いもの。そこに自らの意識を合わせるのではなく、精妙で健全な波動へと自らを高めていくように意識を向けることです。そうすれば波動が合わなくなり、危険や暴力に遭遇する確率は格段に下がると私は思うのです。

護身術を学ぶ上で一番大切なのは日頃から健全な精神と行動に心がけておくことがなによりも大切です。

より詳しくは

氣について

無限道場では”目に見えないけれど確実にそこで働くエネルギー”として捉えています。人の心や意識の働き、無意識の動作の中には大きなエネルギーの働きがあります。目には見えない働きを知り、大切に扱うように努めること。そして正しく運用出来るように心身を整えていくのが氣の稽古なのです。

氣を鍛える

”氣が強い”とは一般的には負けず嫌い、勝気、攻撃的などその人の気性を表すことを指しますが、ここで言う氣の強さはそうではありません。

”人の本質はエネルギーであり、肉体はそれを表現する器である”

というのが無限道場の基本的な考え方です。肉体を鍛えるには筋力トレーニングをするように、エネルギーそのものを鍛えることも可能であると考えます。エネルギーそのものを強く鍛えることで邪気や病気、危険そのものを避けるということを理想としています。

無限の可能性を持つエネルギー

私個人的には氣は神の被造物であり、無限の可能性を持つエネルギーであると考えています。そして合氣柔術とはその可能性の僅か一端を活用しているに過ぎません。合氣柔術の稽古を通して可能性の一片に触れ、それぞれの置かれた環境でまた違った可能性の一端が活かされていく・・・人生の可能性を拓くための”ツール”として皆様のお役に立てれば幸いです。

道場長 竹内 研二

道場長、氣を語る