稽古内容
道場案内

稽古内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

氣の特性を活かした「柔ら」の護身武術

稽古風景 | 大東流合気柔術 無限道場

はじめに

「氣」は宇宙万物に備わる生命エネルギーであり、我々人が生きていく上で必要不可欠なもの。しかし世の中が便利な”もの”で溢れるにつれ、我々人類はその重要な働きを見失いつつあります。無限道場の合氣柔術は「氣」の特性を活かした「柔ら」の護身武術。その隠れた働きに気づき練磨することで、筋力とはまた違うチカラを養成していくための心身活性法であり知恵なのです。

もちろん老若男女、体力の有無を問わず。また健康目的、精神鍛錬など、目的用途を選びません。稽古で得た気付きを何気ない日常で活かしていただくことが何よりの幸せなのです。

目指すのは”真の柔ら愛のある強さ”

我々の目指す”柔ら”とはただ柔らかい身体動作や技のことを意味するのではありません。いくら身体の動きが柔らかかろうと、どれだけ身体の無駄な力みがなく緩んでいようと、相手を傷つけてしまえばそれはただの暴力にすぎません。実際に私たちが日々の稽古で磨いているのは”相手を傷つけずその場を制するための技”であり心構え。痛い関節技や無理な荒技の稽古はありません。中心のチカラや自然法則(柔らの理)に従うことで相互がともに心地よいといった技の稽古を行っています。

強さを求めると同時に優しさを学ばされ、更なる高みを目指すにはそこに愛が必要となる。それが私たちの目指す”真の柔ら”であり”愛のある強さ”なのです。無限道場の合氣柔術は無益な暴力を避けるだけでなく、危険そのものを”寄せ付けない”ための知恵であり、そのための強さを身に付けることを第一の目的にしています。

相手を観る目を養う

相手や周囲の「氣」を観る目や感覚を開き、更には練磨する。肉による目線ではなく、氣の目線(観点)を養い磨くための稽古です。

呼吸や中心軸。しなやかで強靭な柔らのカラダ

無限道場の稽古はとにかく身体造りを重視しています。急所が集まる正中線を護り、しっかりと安定した中心軸の感覚を身に付けることで自由に動けるカラダ造りを行います。氣を活かすには無駄なく運用するためのカラダ造りが必要不可欠なのです。

全身の末端に至るまで活きたチカラで満たす(チカラの抜けていない身体)活きた自然体造りが目的であるため、力を抜く、緩めるという概念はありません。「技を掛けるために力を抜く」のではなく、「活きた身体動作が技となる」という考えに基づきます。

相手とぶつからない直線的なチカラ

 

相手と”ぶつからないチカラ”を求めて稽古します。

より直線的で無理、無駄の無い動きを求めるということは、自分にとっても相手にとっても掛かる負荷を最小に抑えることが可能であるということが言えます。これは相手の力を”いなす”、相手の力を受け入れるといったものではなく、しっかりと正面から向き合うからこそ出来ること。

更には”澄み切ったチカラ”を目指して!!

淀みなく澄んだチカラは自分だけでなく、技を受けた相手にとっても痛みや苦痛はなく心地良ささえ感じるもの。肉体を偏った使い方や力み、詰りから開放し、しなやかで強靭な自分の芯(中心軸)をしっかりと持つ強さを身に付けること。そして心の状態もクリアであるように心身を練磨していくことによって「真の柔ら」となることが重要なのです。

氣の働きを活かすために求められるのは

正しく大きな姿勢と、全身を隅々に至るまで大きく開くこと。そして素直で謙虚な心です。

氣を鍛える

無限道場で言う「気の強さ」とは勝気、攻撃的、負けず嫌いといった性格のキツさを意味するものではありません。人の持つエネルギー「氣」の働きを強く高めるという作業です。

人の動きは目に見える”肉の働き”よりも、むしろ目には観えない”氣の働き”による影響の方がが大きいのです。

● 大東流合気柔術の”合氣”の基本技を中心にした稽古です。
● 「柔の理」に沿った無理、無駄のない自然な動きを養成します。
● 相手を観る目、集中力、洞察力の養成。
● 他人と優劣を競う試合はありません。
● 力任せの体力勝負ではありません。
● 痛い技(逆関節極め)無理な荒技の稽古はありません。
● 怪我の心配はほとんどありません。
● 自分でも知らない自分に気づかされます。
● スポーツが苦手という方でも大丈夫です。

無限道場では身体のゆるみや脱力状態は求めておりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加