道場長の休日。沖縄・与那国島へ行ってきました。

志木那島診療所

最近ちょっと”離島の魅力”にはまりつつある私です。

前回は奄美大島と加計呂麻島。そして今回はDr.コトー診療所の撮影地にもなった与那国島へと行って参りました。

”氣の特性を活かした護身武術”という目には見えないエネルギーを常日頃から意識した生活を送る私にとって、”エネルギーチャージ”というのはとても重要です。そしてそれはどうも観光地として多くの人が訪れるいわゆるパワースポットではなく、どちらかというとあまり人の居ない場所を好むようになってきたように思います。

福岡から与那国島への直行便が無いため、沖縄那覇で一泊。翌早朝からの飛行機だったのですが、早朝の那覇は叩きつける様な激しい雷雨。

叩きつけるような激しい雷雨の那覇空港

まあしかしウェザーニュースさんの予報では与那国の天気は曇りだったのであまり気にはしておりませんでした。

Drコトー 漁労長 しげさん
コトーせんせのちゃりんこ
志木那島診療所
海だけでなく草原もとてもキレイです
すなっく”まり”
港の風景
日本最西端に沈む夕日
日本最後の夕日が見える丘
iPhoneのカメラでも撮れるぐらいハッキリした夜空の星

肉眼ではハッキリとした満天の星空を見ることができました。写真を撮った辺りは野生の与那国馬が生息する場所。時々暗闇の中で馬の鳴き声を聞きながら、またそこら中に落ちている馬糞に注意を払いながらの天体観測。うっすらと天の川も撮れてます?

六畳ビーチ
六畳ビーチ
行きも帰りもプロペラヒコーキ。離陸の瞬間がとても楽しい。

与那国島の初日は曇り。そして二日目は晴れ。

宿を出た瞬間に「暑っ!!」「蒸し暑っ!!」「痛ッ!!」という位日差しが強い。

島にはコンビニも無い、もちろん商店に並んでいる品々も種類は少ないし、薬局も無い・・・でも雄大な自然と豊かな島時間が流れている。とても素敵な魅力ですね。

最近では島独特の”不便さ”であったり、だからこそ感じられる島時間のようなもの?そんなものを楽しめるようになってきました。

次の機会はどこに行くのやら・・・